油ギトギトの油切りを重曹でピカピカにしてみた

この記事は1分で読めます

gf01a201503102300

家事好きパパが、ナチュラルクリーニングを、実践してみた!シリーズ ①

 

我が家は、揚げ物をすることが多いのでフライヤーの使用頻度が多いのです。

でも、台所の中性洗剤で軽く洗っていただけなので、いつの間にか、油ギトギトで固まってしまいました。

最近、ナチュラル洗剤で、ナチュラルクリーニングすることに目覚めた私は、早速試しつてみることにしました。

参考にしたのはこの本。

 

image

 

 

1.フライヤーに重曹を振りかける

image

まずは、フライヤーに重曹をまんべんなく振りかけます。

 

2.お湯を入れる

 

次にフライヤーにお湯を溜めます。

私は電気ケトルで沸かしたお湯を入れましたが、そこまで熱湯でなくても良いです。

 

3.スポンジで擦る

image

重曹により、油が中性化するので、こびりついた油はとれやすくなるので、後はスポンジで、擦るだけ!

で、あーら、簡単に油が落ちました!

 

という訳には行かず、かなりスポンジで擦る必要がありました。

この本にも、固まった油は不可、と書いていましたね(苦笑)

 

ただ、台所の洗剤に比べたら、油の落ち方は全然違うので、10分くらい擦り続けたら、これくらいにはなりました。

 

 

4.結論

油が固まってしまった場合は、頑張って擦る必要があるので、使う度に重曹をかけて、メンテナンスをするのが良いですね。

ちなみに、網の部分は、網にキッチンペーパーを載せて、その上から重曹をかけてお湯で濡らすと良いらしいです。

今回、初めて重曹を使ってみたのですが、なんだか理科の実験をしてるみたいで、なかなか楽しかったです。

クエン酸や、セスキ炭酸ソーダも買ったので、そちらも試していきますね。

では!

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加