片付けが上手くいくコツを伝授~服の見直しポイント

この記事は2分で読めます

片付け 服 無料画像-12

収納の不満で、一番多いのは「衣類」です。

洋服の数は、平均すると1人当たり250点にもなります。

 

これだけのアイテムを限られたスペースに押し込むのですから、クローゼットや引出しは常に満杯。

入りきれない服は、ついつい出しっ放しになりがちです。

 

そこで今回は、洋服が片付くポイントを6つお伝えします。

 

 

 

 

 

 

1.洋服の把握と仕分け

自分がどんな洋服を持っているのか、確認しましょう。

 

今の年齢やライフスタイルと照らし合せながら、

着る/着ない/わからない/思い出の品

に分けてみましょう。

 

着ないものは手放し(譲る、バザー、リサイクル、寄付、捨てる)、 思い出の品は別保管にします。

 

 

 

2.洋服の見直しポイント

着る服、着るかどうかわからない服を見直します。

 

劣化度

・エリやそで口がすり切れていないか

・形が古くないか

・くたびれていないか

・エリぐりが伸びていないか

・色あせていないか

・汚れ、シミ、黄ばみがないか

 

 

サイズ感

迷ったものは、必ず着てみます。

洋服は「入る」「入らない」で判断しないように。

パンツやスカートは、鏡でヒップラインを確認しましょう。

 

 

今の自分を基準に

その洋服は

・今の自分に似合っているか

・今の自分らしいか

鏡で客観的にチェックしましょう。

 

 

自分で判断できない時は、他人の目(家族、友人、プロ)を利用しましょう。

 

 

 

3.洋服の収め方

吊るす収納

・たたむのが苦手、時間が無い人向き

・シワになりやすい衣類に

 

*キャミソールまでハンガーに掛けていたお客様がいましたが、その方にとってはストレスの無い収納法でした。

 

 

たたむ収納

・たたむのが苦でない人向き

・多くの衣類を効率よく収納したい場合

 

洋服を立てて収納すると全体が見渡せるので、洋服が選びやすく、たくさん収納できます。

収納する衣類によって、引出しの高さを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

4.一時置場

脱いだ衣類が、無造作に散らかっていませんか。

そんな時は、1日の行動動線を振り返ってみるのがおすすめです。

着替える場所に、収納用品を用意しましょう。

 

 

 

5.収納用品

収納用品で「まとめる、仕切る、圧縮する、嵩を減らす」などができます。

最適な収納用品を選び、服を戻しやすくしたり、収納スペースを増やしたりしましょう。

 

*取り込んだ洗濯物がソファーに山積みになっている方を、時々見かけます。

「干す」と「掛ける」ハンガーを共通にすると、手間が省けますよ。

 

 

 

6・洋服の買い方

洋服は、消耗品です。

3~5年も経てば、服が劣化してきます。

私はそのサイクルで処分しても惜しくない服を、購入するようにしています。

 

毎年流行りのアイテムを1点プラスするだけで、流行遅れになることもありませんよ。

ただし、衝動買いはしないように心掛けてくださいね。

 

 

 

 

 

 

洋服はアイテム数こそ多いものの、短時間に結果が出るので、一番片付けやすいと言えます。

 

無理なく元に戻せる収納法を選び、こまめに洋服を見直しましょう。

衣替えは、服を見直す絶好のチャンスです。

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. A01076pb61_29216A
  2. クローゼット収納 無印
  3. ニトリ 吊り収納 ピコット2
  4. lgf01a201309270700
  5. 一人暮らし
  6. 20144_smsr01a_Hyfs_PH030802
コメントは利用できません。