必見!クローゼットの奥行を活かす、6つの収納ポイント

この記事は2分で読めます

ニトリ

クローゼット収納が上手くできないのは、スペースを活かしきれていない場合が多いようです。

ここでは居室の壁面に作られる一般的なクローゼットを例に、奥行きを活かした使いやすい収納作りを見てみましょう。

 

 

 

 

1.寸法を測る

壁面に作られるクローゼットの奥行きは、60cm前後が多いようです。

 

実際に、自宅のクローゼットを測ってみましょう。

幅・奥行き・高さ。

奥行きは、扉で隠れる部分の寸法も測りましょう。

 

メジャーは、自立するものだと1人で測れるので便利です。

 

nao 毎メジャー

 

 

2.ハンガー

女性用ハンガーの幅は36~40cm位、男性用ハンガーは42~46cm位です。

パイプバーに掛けたとき奥行きに少しゆとりがあると、洋服の掛け外しがしやすくなります。

 

ハンガーの量も2割くらいゆとりを持たせると、洋服をサッと選びやすくなります。

 

無印 レッドシダ―

 

 

3.衣装ケース

クローゼット専用のものが販売されています。

サイズは各社で若干違っていますので、設置するスペースに合うものを選びましょう。

そのためには、実測あるのみ!です。

ドアの開閉に邪魔にならない奥行きサイズを、正確に測っておきましょう。

 

キャスターを取り付けると簡単に移動できるので、ほこりの溜まりやすいクローゼットには最適です。

 

4547315276936_02_400

 

 

 

 

4.引出し

引出しは、奥行きを前後に区切って、立てて収納すると良いでしょう。

後列の一部分が見えるところまで引き出せば、中身がひと目で把握できます。

 

また、シーズンオフのアイテムを後列に収納しておくのもおすすめです。

衣替えも簡単になりますよ。

 

nao 衣装ケース 引き出し

 

 

5.棚

棚に置く収納用品もたくさんの種類が販売されています。

上げ下げのしやすさから考えた取っ手付き、軽い素材のもの、

使わない時はたためるもの、ほこり除けの蓋付き、湿気に強い素材など、

人と物に最適な収納を選びましょう。

 

ここでも、奥行きにピッタリ合うサイズだと無駄なスペースが無く、収納量を確保できます。

さらに同じ色・種類で揃えると、すっきり見えるのでおすすめです。

無印 ポリエステル・綿・麻混 

6.デッドスペース

クローゼットのデッドスペースは、折れ戸の後ろです。

頻繁に使わないものを収納すると良いでしょう。

 

フォーマルウェアと小物一式をまとめておくのも一案です。

他にも自由な発想で奥行きを活かしてみましょう。

 

サンワ

サンワ

 

 

 

壁面に作られたクローゼットの良いところは、ズバリ!収納量が多く確保できることです。

奥行きを意識してみると、今よりもっとスマートに多くの収納ができます。

使いやすいクローゼットを作る参考にしてくださいね。

 

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ニトリ 吊り収納 ピコット2
  2. 4547315820726_03_1260
  3. 片付け 悩み
  4. A01076pb61_29216A
  5. 無印バレンタイン
  6. kagu_colorbox
コメントは利用できません。