クエン酸・重曹・石けんを使ったナチュラル洗剤の作り方

この記事は2分で読めます

スタンプ
f4774d55225bef9d7f406f61db5312f1_s

 

ナチュラルクリーニングで洗剤として使われる

 

クエン酸・重曹・石けんなど。

 

それらは固形や粉末そのままのかたちで使ったりもするのですが

 

使いやすい形状にして専用の容器に入れ、「ナチュラル洗剤」として常備しておくと

 

毎日のお掃除にも気軽に取り入れやすくなります。

 

といわけで今回はクエン酸・重曹・石けんを使った、「ナチュラル洗剤の作り方」をお伝えします。

 

※このレシピは、佐光紀子さん著・『ナチュラルクリーニング』を参照させていただきました。

 

 

 

クエン酸

 

弱酸性の性質を持ち、アルカリ性の汚れを中和させるのに便利なクエン酸。

 

基本的に粉末の状態で販売されています。

 

粉末

汚れがひどい場合は粉末をそのまま使います。

粉末ということは、つまり売っているままの状態なのですが、

使い勝手を考えて、振りかけ式の容器に保存しておくと便利です。

 

96990d7512583bc57febe26a121dc9c8_s

振りかけ式容器例(塩・胡椒などの容器でもOK!)

 

クエン酸水

水1カップにクエン酸小さじ1を入れて溶かします。

それをスプレー容器に入れて使いましょう。

保存期間は約1ヶ月です。

 

 

重曹

 

酸性の汚れを中和する弱アルカリ性の効果に加え、研磨剤としても活躍する重曹。

 

こちらも粉末で売られています。

 

粉末

クエン酸と同じく、粉末で使うケースも多くあります。

振りかけ容器に入れておくと便利です。

 

重曹ペースト

1カップの重曹に水1/2カップを入れてよく溶かします。

密閉容器に入れて保存しましょう。

分離しやすいので、使う前にはよくかき混ぜます。

 

 

 

石けん

 

石けんはナチュラルなの?と感じる方も多いかもしれません。

 

が、“ 石けんは水中で生物によって分解されるといわれ、また、クエン酸や酢をかけると中和されてしまうことから、”

 

ナチュラルクリーニングに用いられるそうです。

 

とはいえ、ここでいう石けんとは、良い香りがついた、いわゆる私たちが想像する化粧石けんではなくて、純石けんといわれるもの。

 

『ナチュラルクリーニング』では、より純せっけん濃度が高い、粉末状態の石けんがすすめられています。

 

トロトロ石けん

購入時は粉末でも掃除に使う際は液体のほうが便利です。

レシピは以下の通り。

 

  1. 耐熱性のふたつき容器を用意する
  2. 粉石けん小さじ1を容器に入れる
  3. 40℃くらいのお湯1カップを加える
  4. 蓋を閉め、石けんがとけるまでよく振る

 

ポンプ式の容器に入れて使うと便利です。

なお 粉末石けんは粒子が細かいので、くしゃみや咳が出る、手が荒れるなどの症状がでる場合には、

 固形石けんをチーズおろしで削って、お湯で溶かして使うという方法もあります。

 

 

 

以上、クエン酸・重曹・石けんを使った、「ナチュラル洗剤の作り方」をお届けしました。

 

ナチュラル洗剤は容器を自分で用意する必要があるため、

 

そこでどれだけ可愛い容器を見つけるか、というところに燃える女性も多いようです。

 

ぜひ皆さんも、可愛い容器探し含め、ナチュラル洗剤作りに挑戦してみてくださいね!

 

では、また~。

 

 

PS

↓忙しいときは、無理せずに、プロに家事を手伝ってもらうのも良いですね、

 

 

The following two tabs change content below.
mashuko

mashuko

面倒くさがり王な自覚のある主婦。しかしそのズボラさゆえに、どの分野においても出来るだけラクな、効率の良い手法を探すのは結構好き。趣味は動物愛護・美味しい店探し・睡眠。現在犬4匹+夫と共に暮らす。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加