ウォークインクローゼットの有効活用~奥行きを使いこなそう!

この記事は2分で読めます

ウォークインクローゼット

クローゼットの奥行きを活かした収納術、今回はウォークインクローゼットを例に見てみましょう。

 

 

 

 

1.ウォークインクローゼットって?

 

ウォークインクローゼット2

 

衣類やリネンを収納するために考えられた、居室以外の、人が入れる空間です。

 

パイプがL字に配列されたL字型と、コの字に配列されたコの字型が一般的で

広さは約1.5畳~6畳程度です。

 

 

2.メリット

 

来客用寝具

 

ウォークインクローゼット最大のメリットは、衣類以外にも大きな物を収納できることです。

 

例えば、羽毛布団や来客用寝具に座布団など。

季節ごとの家電や飾り物。

 

押入れには入らないゴルフバッグも、収納できます。

私はL字型に冬用タイヤ4本を置いていますが、難なく収まっています。

 

このように、ウォークインクローゼットの奥行き有効活用すれば、様々な用途に使えて便利です。

 

 

3.デッドスペースの活用

ウォークインクローゼット デッドスペース

 

ウォークインクローゼットのL字・コの字に交わったコーナー部分は、見えにくく使いにくいデッドスペースです。

 

ハンガーパイプにはオフシーズンの衣類をまとめて吊るすなど、保管収納として活用しましょう。

 

手の届きにくい上棚も、奥行きを利用し、オフシーズンの衣類やバッグをひとまとめにすると良いでしょう。

その際、見えないと何が入っているのか忘れてしまう方は、中身がわかるように工夫しましょう。

 

 

 

 

4.引出し収納の注意点

フィッツ クローゼット 収納ケース

 

引出し収納は、「たたむ」収納の代表です。

「吊るす」よりも多くの収納量を確保できます。

 

引出しで注意することは、奥行き(長さ)のあるものは奥が使いにくいことです。

一度に引き出して見渡せる、自分サイズの奥行きを知っておくとよいでしょう。

見えない場所には、オフシーズンの衣類を収納すると解決します。

 

 

5.その他の有効活用

奥行き有効活用として、スライドハンガーを取り付けるのも一案です。

ネクタイやベルト等を掛ければ、奥まで引き出せるので見やすく取り出しやすくなります。

 

 

無印 壁 なげし

側面の壁に長押やパイプを取り付けると、奥行きを活かした「吊るす」スペースが出来上がります。

 

 

 

 

このように奥行きや空間を有効に使えると、物を管理しやすくなります。

ウォークインクローゼットは壁面が多く、有効活用するのには最適な空間です。

これからは、クローゼットを立体的に使うことを意識してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

一般的なクローゼットの奥行きを活かした収納法は、こちら

>>必見!クローゼットの奥行きを活かす、6つのポイント

 

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加