カーテンの種類を紹介します①~基本の四種類~

この記事は2分で読めます

スタンプ
カーテン 種類2

最近はライフスタイルも多様化し、インテリアにも自分らしさを求める方が増えてきましたね。

なかでも窓は大きな面積を占め、部屋の印象が決まる重要な部分です。

 

そこで、カーテンなど選択豊富な窓装飾の種類についてご紹介します。

 (画像:楽天市場)

 

 

 

 

 

 

1.カーテン

生地を仕立てて、カーテンレールに吊るしたものです。

最も一般的な窓装飾で、色・柄、スタイルのバリエーションが豊富です。

 

 

カーテン takeyanet大

 (画像:takeyanet)

 

 

【種類】

・ドレープカーテン(厚地~中厚地)

・シアーカーテン(透明感のあるレースなど)

 

【開閉方向】

・左右

・固定式

 

【窓の形状】

・掃出し窓(開口部が床から天井近くまである窓)

・腰高窓(窓の下枠が80~90cm程度。大人の腰くらいの高さの窓)

 

 

 

2.ローマンシェード

生地をメカ(昇降器具)に取り付け、上下に開閉させるものです。

生地の裏に付いているコードを引くと、下から順に折り畳み上げられます。

 

ひだやギャザーの取り方、ウェーブの風合い、引き上げ方法により様々なスタイルが楽しめます。

窓の左右にカーテンを寄せるスペースが要らず、空間をすっきりさせる効果があります。

 

 

シェード 楽天市場

 (画像:楽天市場)

【開閉方向】

・上下

 

【窓の形状】

・掃出し窓

・腰高窓

・出窓

・小窓

 

 

 

 

 

 

3.スクリーン

表面加工の生地や和紙などを、メカによって開閉するものです。

シンプルに美しく収まります。

 

 

ロールスクリーン ニチベイ

 (画像:ニチベイ)

【種類】

・ロールスクリーン

 1枚の生地を巻き上げたり降ろしたりする、最も代表的なスクリーン

 

・プリーツスクリーン

 特殊なプリーツ加工を施したスクリーン

 

・ハニカムスクリーン

 断面が蜂の巣(ハニカム)状になったスクリーン

 

・調光式スクリーン

 光を透す部分と透さない部分を組み合わせた2枚のスクリーン

 

・パネルスクリーン

 2~7枚程度の布製のスクリーン

 

【開閉方向】

・上下

・左右(パネルスクリーンのみ)

 

【窓の形状】

・掃出し窓

・腰高窓

・小窓

 

 

 

4.ブラインド

羽根を紐で組んでメカに取り付けたものです。

横長の羽根(スラット)、または縦長の羽根(ルーバー)の角度を調整して使います。

 

風を通しながら調光を細かくコントロールできたり、外からの視線も遮ることができます。

 

 

ブラインド インテリアショップライト

 (画像:インテリアショップライト)

【種類】

・ベネシャン(横型)ブラインド

・バーチカル(縦型)ブラインド

 

【開閉方向】

・上下(ベネシャンブラインド)

・左右(バーチカルブラインド)

 

【窓の形状】

・掃出し窓

・腰高窓

・出窓

・小窓

 

 

 

 

 

 

以上、窓装飾の種類と主な特徴を挙げてみました。

これらを組み合わせると満足度の高い演出ができ、自分らしい空間を作るのに役立ちます。

 

それぞれの詳しい内容は、これから順次ご紹介しますのでお楽しみに。

次回は「スタイルカーテン」についてお伝えします。

 

 

 

*カーテンの種類を紹介しています

 ①基本の四種類→当ページ

 ②スタイルカーテン

 ③カーテン

 ④ローマンシェード

 ⑤スクリーン

 ⑥ブラインド

 

 

 

The following two tabs change content below.
arrange

arrange

暮らし方アドバイザー。個々の暮らし方に合った収納づくりをサポートしています。 また、洋服とクローゼットのお悩みを解決するクローゼットオーガナイザーとしても活動しています。 キャラクターは、自宅で飼っているネコのソックス君です。 アレンジのブログ⇒ 暮らしのギフト

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加