カーテンの種類を紹介します③~カーテン~

この記事は3分で読めます

川島セルコン3

カーテンは生地を仕立ててカーテンレールに吊るしたもので、窓装飾に最もよく使われています。

 

カーテンには、実にいろいろな種類やスタイルがあります。

知っておくと選択の幅が広がり、最適なものを選ぶのに役立ちます。

 

今回は、カーテンについて詳しくご紹介いたします。

 (画像:川島セルコン)

 

 

 

 

 

 

1.カーテン生地の分類

カーテンに使用される生地は大きく2つに分けられます

 

◇ドレープ

厚手で光を通しにくい生地で仕立てたもの

 

・プレーン等(色数が多く、カラーコーディネートしやすい)

インズ プレーン

 

・織物(専用織機で織られた多種多様な柄が特徴の生地)

インズ シャカ―ド織り

 

・プリント(図柄を印刷したもの)

インズ プリント2

 

 

◇シアー

薄手で光を通す生地で仕立てたもの

 

・レース(編み物の生地)

インズ レース

 

・ケースメント(太い糸で織った生地)

インズ ケースメント

 

・ボイル(薄い織り物)

インズ ボイル

(画像:inn’s)

 

 

 

2.プリーツの有無と種類

カーテンの美しいウェーブをつくるのが、上部のプリーツ(ひだ)です

 

◇プリーツあり

〈2倍ヒダ(3つ山)〉

 

スピルトピンク 2倍ひだ

 

オーダーカーテンでよく使われるプリーツ。

仕上がり幅の2倍の生地を使います。

ゆったりとボリュームがあります。

 

 

〈1、5倍ヒダ(2つ山)〉

 

スピルトピンク 1.5倍ひだ

 

既成カーテンに使われるプリーツ。

仕上がり幅の1.5倍の生地を使います。

 

 

〈ギャザープリーツ〉

 

スピルトピンク ギャザー

 

細かく密度の濃いプリーツ。

仕上がり幅の2.5~4倍の生地を使います。

薄手の生地やシアーカーテン向き。

 

 

◇プリーツなし

〈プレーンスタイル〉

 

スピルトピンク クリップ

 

カーテンクリップなどで生地を吊ったもの。

手軽に掛け外しができ、少ない生地でできます。

生地の模様を楽しむのに最適。

 

 

〈タブスタイル〉

 

スピルトピンク タブ

 

共布や別布を縫製したものをカーテンに縫い付けたもの。

装飾レールに吊るす、のれんのようなスタイル。

カジュアルな印象になります。

部屋の間仕切り、目隠し、子供部屋などにもおすすめです。

 

 

〈ハトメスタイル〉

 

スピルトピンク はとめ

 

上部にハトメ穴を開けて、レールなどに通したもの。

ヒダが少なくシンプルな印象になります。

モダンなお部屋におすすめです。

(画像:スピルトピンク)

 

 

 

 

 

 

3.カーテンの掛け方

カーテンにも、いろいろな掛け方があります

 

◇組み合わせ

・ドレープ+シアー

・カーテン+シェード

 ・カーテン+スクリーン

・カーテン+ブラインド

 

 

◇開閉方法

・両開き 中央から左右に開く

・片開き 左右どちらかに開く

 小窓向き

 

 

◇掛ける範囲

・窓枠の上から下まで

 腰高窓に

・窓枠から床まで

 掃出し窓に

・天井から床まで

 高級な演出に

 

 

 

4.カーテンアクセサリー

カーテンを束ねたり、飾りとしてあしらうもの

 

◇バランス

 カーテンの吊元を隠す飾り

楽天市場 バランス

 

 

 

 

 

 

 

 

(画像:楽天市場)

 

 

◇トリム

 カーテンの裾や縁を飾るもので、レース状やテープ状のものを取り付けます

ディノス トリム

 (画像:ディノス)

 

 

◇タッセル

カーテンを束ねるもの

 

楽天市場 キータッセル

 

カーテン生地と共布が一般的ですが、種類を替えると簡単にイメージチェンジができます。

・共布 、キータッセル 、組み紐 、金属 、ガラス玉、クリスタル ・マグネットなど

(画像:楽天市場)

 

 

 

 

 

 

窓は面積が大きいので、カーテン1枚でお部屋の印象は随分変わります。

 

あなたはどんなカーテン・スタイルを選びますか?

ぜひお気に入りの生地を見つけて、コーディネートを楽しんでくださいね。

 

 

次回はローマンシェードについて、お伝えします。

 

 

 

*カーテンの種類を紹介しています

 ①基本の4種類

 ②スタイルカーテン

 ③カーテン→当ページ

 ④ローマンシェード

 ⑤スクリーン

 ⑥ブラインド

 

お勧めカーテンショップ

 

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加