カーテンの種類を紹介します②~スタイルカーテン~

この記事は2分で読めます

アイキャッチ 

一般的にカーテンといえば、カーテンレールに吊るす基本の形を思い浮かべるのではないでしょうか。

けれど、カーテンのスタイルに決まりはありません。

 

変わったところでは、装飾性にこだわった「スタイルカーテン」と呼ばれているものがあります。

 

主にリビングルーム、ダイニングルームの出窓、小窓などに取り付け、インテリアの一部として楽しむことができます。

 

今回はその「スタイルカーテン」の主な種類についてご紹介します。

 

(画像:interir shop work’s)

 

 

 

 

 

1.センタークロス

 

センタークロス

(1~5画像:オーダーカーテンTOKO)

 

一対のカーテンを中央で突合せ、左右に分けてタッセルで留めたスタイル。

フリル付きのものが多くみられます。

通常は開閉しません。

 

【窓の形状】

掃出し窓など、縦長の窓に向いています(横長の窓には不向き)

 

 

 

2.クロスオーバー

 

クロスオーバー

 

一対のカーテンを交差させ、左右に分けてタッセルで留めたスタイル。

交差する巾により、クロスの種類があります。

通常は開閉しません。

 

【窓の形状】

掃出し窓など、縦長の窓に向いています(横長の窓には不向き)

 

 

 

3.ハイギャザー

ハイギャザー

 

カーテンの裾に、長めのフリルを付けたスタイル。

フリルの長さは、仕上がり丈の15~25%がバランス良く見えます。

 

【窓の形状】

掃出し窓など、高さのある縦長の窓に向いています

 

 

 

 

 

 

4.スカラップ

 

スカラップ

 

カーテンの裾をアーチやスカラップ状にカーブさせ、窓の下部をオープンにしたスタイル。

裾にはフリルなどの装飾を付けたものが多いようです。

通常は開閉しません。

 

【窓の形状】 出窓や横長の窓に向いています

 

 

 

5.セパレート

セパレート

 

同じデザインのカーテンを吊るし、タッセルやリボンなどで束ねるスタイル。

通常は開閉しません。

 

【窓の形状】

大型の出窓に向いています

 

 

 

6.カフェ

カフェ Amazon2

(amazon)

 

短い丈のカーテンを、カフェ用ポール(突っ張り棒)に通して掛けるスタイル。

カフェの窓に多用されたことから、こう呼ばれています。

 

目隠しを兼ねて下部に掛けることが多く、上下何段にも分けて掛けることもあります。

安価で手軽に掛けられるので、初めての方にもお勧めです。

 

【窓の形状】 小窓に向いています

 

 

 

 

 

 

スタイルカーテンは、カーテン生地(薄手)やレースなど透過性のある生地を使用することが多く、デザイン性が高くなります。

 

室内・室外どちらから見ても目を引くので、エレガントな演出にピッタリです。

 

また最近は、窓の形や大きさも様々なものが出ています。

スタイルカーテンを使って、個性的な窓装飾を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 次回はカーテン(ドレープなど)についてお伝えします。

 

 

 

*カーテンの種類を紹介しています

 ①基本の四種類

 ②スタイルカーテン→当ページ

 ③カーテン

 ④ローマンシェード

 ⑤スクリーン

 ⑥ブラインド

 

お勧めカーテンショップ

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加