アルコールでお掃除!~知っておきたい注意点4つ~

この記事は2分で読めます

スタンプ
80023132f5958919aa05ffe6d45a07f8_s

 

アルコールは飲む以外にお掃除にも使えるよ、というお話を前回しましたが、

 

>拭き掃除に除菌をプラス!~アルコールスプレーを取り入れよう~

 

今回お伝えするのは、そのアルコール掃除に関して知っておきたい、4つの注意点。

 

注意点も併せて知って、安全で効果的にアルコール(@お掃除)を使いこなしましょう~!

 

 

 

1.火気厳禁!!!

 

これはもう、皆さんお馴染みの常識かもしれませんが、

 

アルコールには引火性があります。

 

お馴染みですがこれが一番大事な注意点。

 

ガス台などのお掃除をする際には十分に注意して、

 

火気のある場所では絶対に使わないようにしましょう。

 

 

2.濡れてる場所だと効果半減!?

 

アルコールの消毒効果が最も高いのは濃度およそ80%だと言われています。

 

濡れている場所にアルコールをスプレーしても、効果が無くなるわけではないですが、

 

そこにある水分が混ざることで濃度が下がり、同時に消毒効果も下がります。

 

消毒の効果を期待する場合には、水気を拭き取ってから使うようにしましょう。

 

 

 

3.使えない材質アリ!

 

アルコールを使うのに適さない材質について、参照した石鹸百科には以下のように載っています。

 

•スチロール製品: 白く濁ったようになることがあります

•ニス塗装の製品: ニスが溶けることがあります

•皮製品: 光沢がなくなることがあります

 

※これら以外の材質でも、使う前に目立たない場所で試し拭きをするのがお勧めです。

 

出典:石鹸百科

 

 

4.消毒できない菌もアリ!

 

「拭き掃除+消毒除菌効果」を期待してアルコールを取り入れる人も多いと思うのですが、

 

アルコールでもやっつけられない菌はいます。

 

それが、ノロウィルス・ロタウィルス・エンテロウィルス(手足口病)・アデノウィルスなど。

 

したがって、たとえばノロウィルスによる嘔吐物を掃除するのにアルコールを使っても、

 

それは消毒にはならないので注意しましょう。

 

ちなみに我々に最も馴染みのあるウィルスの代表格・インフルエンザウィルスは、アルコールで消毒可能です。

 

 

 

以上、アルコール掃除に関して知っておきたい注意点について、お伝えしました。

 

アルコールスプレーをシュッとする前に、ぜひ、思い出してくださいね!

 

では、また~~。

 

 

◆◆関連記事◆◆

>拭き掃除に除菌をプラス!~アルコールスプレーを取り入れよう~

 

 

PS

↓忙しいときは、無理せずに、プロに家事を手伝ってもらうのも良いですね、

 

 

The following two tabs change content below.
mashuko

mashuko

面倒くさがり王な自覚のある主婦。しかしそのズボラさゆえに、どの分野においても出来るだけラクな、効率の良い手法を探すのは結構好き。趣味は動物愛護・美味しい店探し・睡眠。現在犬4匹+夫と共に暮らす。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加