ちまたで人気のナチュラルクリーニング本・3選!

この記事は2分で読めます

d82fea4a3d9e7b752e1bb4ca37c349f6_s

 

近ごろ流行りのナチュラルクリーニング。

 

洗剤として使うものが重曹・クエン酸など、自然由来の成分のため、

私たちの体にも地球にも優しい、ということで、最近とても注目されています。

 

今日は、そのナチュラルクリーニングについて書かれた本のなかでも

人気のある3冊をご紹介します。

 

 ※本の画像はすべてAmazonさんよりお借りしました。

 

 

 

『ナチュラルクリーニング』

 514Y81A16FL__SX330_BO1,204,203,200_

『キッチンの材料でおそうじする ナチュラルクリーニング』

著・佐光紀子(2002年・ブロンズ新社)

 

主婦であり翻訳家の著者・佐光さんにとって初めて翻訳書の内容をきっかけに

 

ナチュラルクリーニングにハマリ、専門サイトを立ち上げ、ついには本を出すまでになったそうです。

 

2002年出版ということで、数あるナチュラルクリーニング本のなかでも先駆け的存在。

 

佐光さん自身も決して掃除愛好家ではなく、

 

「いかに手を抜き、かつそれなりに家事をすませるかが最大のテーマ」(プロフィールより)

 

というその人物像に、個人的にはとても親近感を覚えました。笑

 

 

『ナチュラル洗剤でちょこっとピカピカ掃除!』

 514AU-zMbEL

『ナチュラル洗剤でちょこっとピカピカ掃除!』

著・世界文化社(2012年・世界文化社)

 

かつではナチュラル洗剤といえば重曹・クエン酸が定番でしたが、

 

近年はセスキ炭酸ソーダや過酸化ナトリウムを取り入れる人も増えています。

 

こちらは比較的新しい本ということもあり、そのあたりの材料も取り入れたお掃除方法を紹介しています。

 

女子のツボをつくこのおしゃれ可愛い装丁も、意外とポイント高いようです。

 

 

 

『はじめよう! セスキ炭酸生活』

 91yjoacr1WL

 『重曹を超えた!ナチュラルクリーニング はじめよう!セスキ炭酸生活』

監修・石鹸百科(2012年・KADOKAWA)

 

サブタイトルからもお分かりかと思いますが、セスキ炭酸ソーダ推しの書です。

 

重曹もセスキ炭酸ソーダも同じアルカリ性ですが、

 

セスキのほうがアルカリ性が強く、汚れ落ち効果が高いということで、

 

近年よく見かけるナチュラル洗剤です。

 

補助的にクエン酸や過炭酸ナトリウム、重曹など、ナチュラル洗剤全般の解説もあるようですが、

 

主にはセスキ炭酸ソーダを使いこなしたい、という方におすすめの一冊かもしれません。

 

 

 

以上、ちまたで評判のナチュラルクリーニング本3冊について、お伝えしました。

 

ネットでいくらでも情報を探せる昨今ではありますが、なにせ、掃除は毎日のこと。

 

どの本のレビューのなかにも、一冊あると重宝する、というコメントをよく見かけました。

 

皆さんもぜひ、お気に入りの一冊を見つけてみてくださいね!

 

では、また~。

 

 

PS

↓忙しいときは、無理せずに、プロに家事を手伝ってもらうのも良いですね、

 

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加