家でも別荘でもない?お気に入りの場所に建てたい無印良品の小屋!

無印良品

皆さんは、無印良品で小屋の施工・販売を行っていることをご存知でしょうか。

「気に入った場所でくらす」がテーマの無印良品の小屋。
一体どんな小屋なのでしょう?

(写真、画像はすべて無印良品さんからお借りしました。)

 

 

<外観と内装>

小屋の木材は、100%国産
外壁は、杉材を焼いて強度を高める「焼杉」の手法と、オイルステインで仕上げることで、防腐性、耐久性を高めています。

部屋の中はおよそ9m²とコンパクトですが、屋根の傾斜があるのでそれほど狭く感じません。
3~4人でもくつろげる広さです。

内装は、お好みで壁を作ることができるように、無塗装のまま仕上げています。
そして床面は、モルタルそのまま。掃除も簡単ですし、床材やラグを敷いて使うこともできます。

 

<購入方法>

購入場所

無印良品 有楽町店のみで購入できます。
 店内1階にて、実際に無印良品の小屋を見ることができます。

建築可能地域

東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県 群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、静岡県。
※島嶼部は除く。

順次拡大の予定です。

個別説明会

購入をご希望の場合は、最初に個別説明会へ参加してください。
※ 事前予約制です。

 実施日 : 金・土・日・祝

 開始時刻 : ①13時 ②15時 ③17時(約1時間程度)

 

 

<小屋の仕様>

サイズ

正面図

 

側面図

 

平面図

 

 

材料

外壁:焼き杉板(オイルステイン仕上げ)

 

内壁:ひのき材単板(表面材)

 

床:モルタル仕上げ

 

基礎

 鉄筋コンクリート造・ベタ基礎(防湿シート敷き・床下換気なし)

 

<小屋の価格>

本体価格

 ・標準仕様:3,000,000円
 ・断熱仕様:3,362,000円
 ・防犯仕様:3,290,000円

※材料費・施工費を合わせた税込価格です。

調査費用

 ・事前調査:60,000円
 ・地耐力調査:110,000円
 ・測量・配置:税込170,000円

オプション

 ・シーリング照明用電源、スイッチ:23,000円
 ・コンセント(2口・2ケ所):23,000円
 ・エアコン用コンセント:40,000円
 ・給排気口:44,000円
 ・網戸(引き戸・小窓セット):31,000円
 ・断熱材(壁面):97,000円

※コンセント関連、給排気口のオプションを選択の場合、分電盤(68,000円)の設置が必要になります。
※小屋までの電力供給工事については、自己負担となります。
※固定資産税が発生します。
※躯体5年間、その他1年の建物保証体制がついています。

 

 

<その他>

 今のところ、日本国内のみの販売となっています。

 施工を含めた販売ですので、部材だけの販売は行っていません。
 また、施工については、無印良品指定の施工業者となります。

 小屋の材料代・施工費以外に、建築確認申請などの諸費用が発生します。

 小屋の素材(壁・床材)は変更できません。
 ベースとなる壁と床材の上から、DIYなどで仕上げをすることはできます。
 仕上げを行う施工業者の紹介も行っています。

 納期は、敷地調査で1ヶ月、材料手配・施工で約2ケ月が必要となります。

 

小屋を体験>

2017年夏より、群馬県嬬恋村にある無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場に4棟の無印良品の小屋が建ち、宿泊施設として利用できるようになりました。
小屋での宿泊を体験したい方は、こちらを利用してみるとよいでしょう。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場 https://www.muji.net/camp/tsumagoi/mujihut/

 

いかがでしたか。
草原や山、海に面した小屋。あこがれますね。
価格や土地の問題がクリアできれば私もこんなアトリエ風小屋が欲しいなと思いますが、一般庶民の我が家にとっては夢で終わりそうです。(涙)

それでは!

マーブル

10,325 views

一男一女を持つ、働く主婦。常に時間に追われ、家でも外でもバタバタと走り回っています。毎日の目標は『時間に余裕を持つこと』。ブログでは、クスッと笑える内容も取...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。