骨格診断で自分の「似合う」を見つけよう!~ストレートタイプ

この記事は2分で読めます

骨格診断 ストレート5

 

前回の骨格診断「自己診断チェックは、もうお試しいただけましたか?

骨格タイプは痩せても太っても一生変わることは無いので、知っておいて損はありませんよ。

 

今回は、3つの骨格タイプのうち「ストレートタイプ」についてお伝えいたします。

(画像:骨格診断FA認定協会)

 

 

 

 

 

1.ストレートタイプの身体的特徴

・体の前後に厚みがある

 横から見るとわかりやすい。

 

・肉厚感がある

 脂肪よりも肉感が目立ち、骨は埋もれて目立たない。

 

・首が太くて短め

 

・バストの位置やヒップの位置が高い

 

・体の割に手足が小さい

 

 

 

2.ストレートタイプの有名人

藤原紀香、米倉涼子、松浦あや、安藤優子、グレースケリー(敬称は省略) 他

 

 骨格診断ストレート12骨格診断 ストレート3骨格診断ストレート10

 

 

3.ストレートタイプのイメージ

◇上質

 

◇シンプル

 

 

 

 

 

 

4.似合う「素材」

◇ハリのある高品質な素材

 

・表革

・シルク 100%

・ウール 100%

・カシミア 100%

・綿 100% など

 

 

 

5.似合う「形」

◇ベーシック・定番もの

・テーラードタイプ

・基本の長袖や半袖

 

◇ネックラインは、すっきりとしたデザイン

・Vネック

・Uネック

・シャツカラー

 

◇立体的に作られているもの、または直線的なもの

・ストレート

・タイト

 

◇肩・ウエスト・ヒップの位置が決まっているもの

・ジャストサイズ

 

 

 

6.似合う「アイテム」

◇スーツ

 

◇シャツ

 

◇テーラードジャケット

 

◇定番Tシャツ

 

◇パンツ(キュロット、スラックス、ブーツカット、ストレート)

 センタープレス入りがキレイ

 

◇Gパン(ノンダメージ)

 

◇タイトスカート など

 

 

 

7・似合わない洋服を着ると?

*チュニックやドルマンスリーブなどは着太りして見えます。

上半身にボリュームがあるので、体のラインより大きく離れたものを着ると、ますます大きく見えます。

 

*シフォンなどの薄い素材は、体のボリュームに負けて安っぽい服に見えます。

 

*目の粗い素材やラフな格好をすると、だらしなく見えます。

 注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

ここでは、典型的な「ストレートタイプ」についてお伝えしました。

 

あえて典型的な「ストレート・・」と表現したのは、違うタイプがミックスされている場合があるからです。

そうなると「似合う」はずが、どこか似合わない。

 

個人差が大きいので、詳しくは骨格診断の専門家に診てもらうことをお勧めします。

きっと、あなただけの「似合う」をアドバイスしてもらえるはずです。

 

また、骨格診断では洋服だけでなく「似合う」ファッションアイテム(くつ、バッグ、ジュエリー、アクセサリー、時計、髪型、メイクなど)も、タイプ別にアドバイスいたします。

 

 

 

*個別に「骨格タイプ別診断」をご希望の方は、こちらをご覧ください

 >> HP:arrange88.jimdo.com

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加