住宅ローンの借り換えの目安を教えます

この記事は2分で読めます

スタンプ
6fe593c79ebae1f4187fed87de01d8ac_s

こんにちは、ゆちえるです。

家を買うとだいたいもれなくついてくる住宅ローン。

加入するときには、いろいろと考えたかと思いますが、だんだん惰性で払っていたりしませんか?

今日は住宅ローンの借り換えの目安についてお話したいと思います。

 

 

今は借り換えのチャンス!

6fb987477ae070dd1a47ee773fa08ac0_s

まず最初に。

今、過去ないほど住宅ローンは低金利時代を迎えています。

と、今まで言われていたのに、さらに底が抜けたような低金利時代。

 

これだけ低金利が続くと、これから先も金利が上昇するなんて考えなくてもいいかなぁと思う方も多いのではないでしょうか。

でも、未来はわかりません。

そろそろ低金利が終わってしまうかもしれないことも考えて、今の住宅ローンをどうするか検討してみることをおすすめします。

 

img_kinri_01

 

(参考:アルヒ株式会社)

これは、住宅ローンの金利の推移です。

実は住宅ローンの金利は10年物の国債の利回りと連動しています。

どんどん下がっているのがわかると思います。

これは、日本の国債を買いたい人が多いということでもあります。

日銀がマイナス金利を発表したこともあり、国債は大人気です。

しかし、いつまでも続くかどうかはわかりません。

住宅ローンを見直したほうがいいのはこんな方

 

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s

 

住宅ローンを見直したほうがいい方は、こんな方です。

 

変動金利で借りている方

  これからもどんどん金利が下がっていく、もしくは低いままであれば変動金利が一番お得です。

  しかし、金利が上がったときに一番支払いがキツくなるのも、変動金利で借りている方です。

  少し負担は増すかもしれませんが、このあたりで固定金利に変更しておくことも検討してください。

  金利が上昇してから変更すればいいやと思っているかもしれません。

  残念ながら、固定金利のほうが先に上昇していきます。

  変動金利が上がるまで待っていたのではかなり不利な金利になるかもしれません。

 

借り換えたほうが返済額が下がる方

  今より0.4%以上高い金利で借りている方は、一度シュミレーションしたほうがいいと思います。

  一般的な目安は、「残高1,000万円以上・残期間10年以上・金利差1.0%以上」です。

  でも、これはかなりザックリしたものなので、金利差1.0%を見てだめだと諦めるのはもったいないです。

  残期間が多いほど金利差は少なくても得になるので、やはり住宅ローンのシュミレーションをしてみることが大事です。

 

底が見えている低金利の間に、行動することでお得な安心が手に入るかと思います。

ぜひ、いろいろと資料を集めて検討してみてくださいね。

 

自分で動く時間がとれない、比較検討するのが面倒だという方もいらっしゃると思います。

そんな方には、こちらのサイトがおすすめです。

 消費税8%時代の「住宅ローン借り換え」による家計費節約術!

面倒な交渉や必要書類をそろえたりと時間も労力もかかることを代行してくれます。

手数料はかかりますが、その分負担が少ないので時間が無い方にはおすすめです。

以上、ゆちえるでした。

The following two tabs change content below.
yutieru

yutieru

ただいま新築検討中の主婦、ゆちえるです。 主婦目線からの家を建てるのに必要な知識を皆様にお届けします。キャラクターは息子達が大好きな兎です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加