無印良品のカラーボックスをサイズ別に徹底紹介!

この記事は2分で読めます

4548718511341_10_1260

 

前回はニトリのカラーボックスを紹介しましたが、

 

>ニトリのカラーボックスをサイズ別に徹底紹介!

 

今回は無印良品です。

 

シンプルおしゃれ感を醸し出す無印のカラーボックスは

 

いったいどんな感じなのでしょうか?

 

さっそく、見てみましょーう!

 

 

※画像はすべて「無印良品」HPよりお借りしました。

 

 

 

37.5cm幅

 v1

 パルプボードボックス・基本

2段(高さ:73cm) ¥2,500(税込) 

3段(高さ:109cm)¥3,500(税込)

4段(高さ:144cm)¥4,500(税込)

5段(高さ:180cm)¥4,900(税込)

 

 

縦にしても横にしてもA4がぴったり収まるサイズ。

 

横置きの場合、5つまで積み重ねることができます。

 

 

25cm幅

 muji2

 パルプボードボックス・スリム

2段(高さ:73cm) ¥1,900(税込) 

3段(高さ:109cm)¥2,900(税込)

4段(高さ:144cm)¥3,900(税込)

5段(高さ:180cm)¥4,500(税込)

 

 

幅25cmのスリムタイプ。

 

縦ならばA4サイズも入ります。

 

横置きの積み上げは基本タイプと同じく5段まで可能。

 

なお、クチコミ情報によると横置きは文庫本収納にぴったりだそうです。

 

これはいいですね~。

 

 

棚可動タイプ

 

基本の上記2タイプは棚が固定されているのですが、

 

棚を自由に動かせるタイプも販売されています。

 

 

muji3

パルプボードボックス・マルチラック【左・8段】¥3,900(税込)

パルプボードボックス・フリーラック【右・6段】¥3,500(税込)

 

 

棚が外れてしまうため横置きは出来ませんが、

 

1段ごとの高さを低めにできるので、

 

書類の収納や、細かい物の収納に重宝しそうですね。

 

 

4548718121724_20_1260

 

 

 なんと、靴箱がわりにもなりそうです。

 

棚板1枚あたりの耐荷量は8kg。

 

 

 

無印良品の特徴

材質が特殊

商品名が「パルプボードボックス」というだけあって、

 

材質が一般的なカラーボックスとちょっと違います。

 

分かりやすく言うとダンボール風に見えるので、

 

それを良しとするかどうかは個人の好みによるでしょう。

 

ちなみに紙が材料だからぐらつく、頼りない、 という意見も見かけたのですが、

 

固定棚タイプの耐荷重量は棚板1枚あたり15kgと、 ニトリの10kgよりもタフなようです。

(ニトリはすべて可動棚だから、というのもありますね。)

 

 

デザイン性

同じく無印のバスケットや引き出しを使えば、 そこはもう無印ワールド。

 

材質の違いもあったりして、 普通のカラーボックスを使うのとは違う、

 

ちょっとおしゃれな空間を作りやすいです。

 

 

 軽い

またもパルプボードならではの特徴ですが、

 

ボックス全体の重量が軽いです。

 

あんまり頻繁に動かすものでもないですが、

 

その予定がある人にとってはメリットですね。

 

 

 

以上、無印良品のカラーボックスについて、徹底紹介いたしました。

 

お値段ではニトリの圧勝ですが、

 

イメージ写真なんかを見るとそこはやっぱり無印、 惹かれるものがありますね…。

 

ただ、パルプボードは正直私はいまいち好きになれなかったりもするので、

 

気になる方はぜひ店舗で実物を見てみることをお勧めします!

 

では、また~~。

 

 

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. イケア SKUBB ボックス6点セット2
  2. 無印 台紙に書きこめる ダブルリングアルバム スクエアタイプ-1
  3. 無印 重なるラタンバスケット
  4. 無印 なおクローゼット
  5. 4549337143630_20_400
  6. T00038_1
コメントは利用できません。