骨格診断で自分の「似合う」を見つけよう!~ウェーブタイプ

この記事は2分で読めます

骨格診断 ウェーブ

前回の骨格診断「自己診断チェック」は、もうお試しいただけましたか?

骨格タイプは痩せても太っても一生変わることは無いので、知っておいて損はありませんよ。

 

今回は、3つの骨格タイプのうち「ウェーブタイプ」についてお伝えいたします。

(画像:呼格診断FA認定協会)

 

 

 

 

 

 

1.ウェーブタイプの身体的特徴

・体に厚みがなく、下重心

 横から見ると分かりやすい

 

・華奢な体型

 

・首は細く少し長め

 

・ウエストラインが長い

 

・肌が柔らかく、脂肪が付きやすい

 

 

 

2.ウェーブタイプの有名人

松田聖子、神田うの、宮沢りえ、ほしのあき、マリリンモンロー(敬称は省略)他

 

 骨格診断 松田聖子骨格診断 神田うの3骨格診断 宮沢りえ2

 

 

3.ウェーブタイプのイメージ

◇フェミニン

 

◇華やか

 

 

 

 

 

 

4.似合う「素材」

◇薄い

・シフォン

・ナイロン

 

◇柔らかい

・ベロア

・毛皮

・エナメル

・スウェード

・ストレッチ素材

 

 

 

5.似合う「形」

◇体にフィットするデザイン

・ボディコンシャス

 

◇華やかな装飾

・フリル

・レース

・リボン

 

◇曲線が多く女性らしいデザイン

・ギャザー

・タック

・フレアー

 

◇ネックライン

・オフタートル

・ラウンドネック

・オフショルダー など

 

 

 

6.似合う「アイテム」

◇ワンピース

 

◇ジャケット(ノーカラー、シャネル)

 

◇コート(ショート、ファー付)

 

◇ブラウス

 

◇チビT

 

◇カーディガン(ショート、ツインニット)

 

◇パンツ(ショート、サブリナ、カプリ、スリム、ブーツカット など)

 裾はシングルがおすすめ

 

◇スカート(フレアー、プリーツ、マーメイド、もも丈、膝上、セミロング、ロング) など

 

 

 

7・似合わない洋服を着ると?

*シンプルで装飾の無いデザインは、寂しく地味に見えます

*ゆるく粋なデザインは、随分無理をしているように見えます

 

ウェーブタイプの「似合わない」は、寂しく貧相に見えがちです。 注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

ここでは、典型的な「ウェーブタイプ」についてお伝えしました。

 

あえて典型的な「ウェーブ・・」と表現したのは、違うタイプがミックスされている場合があるからです。

そうなると「似合う」はずが、どこか似合わない。

 

個人差が大きいので、詳しくは骨格診断の専門家に診てもらってくださいね。

きっと、あなただけの似合わせ方をアドバイスしてもらえるはずです。

 

 

また、骨格診断では洋服だけでなく「似合う」ファッションアイテム(くつ、バッグ、ジュエリー、アクセサリー、時計、髪型、メイクなど)もタイプ別にアドバイスいたします。

 

 

*個別に「骨格タイプ別診断」をご希望の方は、こちらをご覧ください

 >>HP:arrange88.jimdo.com

 

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 骨格診断ナチュラル
  2. 骨格診断KKエヌマック
  3. 骨格診断 ストレート5
コメントは利用できません。