新築・新居へお引っ越し!~引越前後に必要な事務手続き~

この記事は2分で読めます

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

 

引っ越しって、大変ですよね。

 

引っ越し会社の選定、不用品の処分、荷造り…。

 

メインとなるその作業だけで、十分ボリュームのある重労働ですが、

 

住所が変わるというのは、やはり結構な一大イベント。

 

その他にも細々とした手続きがたんまりと必要になってきます。

 

というわけで、本日は引っ越し前後に必要な事務手続きについて、お伝えします!

 

 

 

お役所関係

引っ越し前

・NTTへ固定電話の移転を手配

 時間がかかるので1ヶ月前を目安に。局番なしの116へ電話。

・転出届を提出

 引越しの14日前から届出可能。

・印鑑登録の廃止手続き

 同一市区町村内での転居であれば必要なし。

 転出届を出せば自動で廃止としてくれる市区町村もあるが、

 単独で手続きをして印鑑登録カードを返却したほうが安心。

・国民健康保険資格喪失届け提出

 国民健康保険加入者のみ。

 

引っ越し後

・転入届を提出

 引越し後14日以内に提出。

・印鑑登録

 登録する印鑑・身分証明書を持って役所へ。

・国民健康保険の住所変更・加入

 国民健康保険加入者のみ。国民健康保険証・印鑑を持って役所へ。

・国民年金の住所変更

 国民年金手帳・印鑑を持って役所へ。

・車・バイクの登録変更・車庫証明の発行

 新居を管轄する陸運支局で手続き。転居後15日以内。

 

 

 

生活関係

引っ越し前

・電気・ガス・水道の移転手続き

 HPもしくは電話にて。ガスは開栓に立ち会いが必要。

・郵便物の転送届け

 郵便局に設置してある用紙、もしくはインターネットで。転居後1年間は新住所へ郵便物を転送してもらえます。

・NHKへの移転連絡

 HPもしくは電話にて。

 

引越し後

・運転免許証の住所変更

 管轄の警察署・運転免許試験場にて。

・銀行・保険・カード会社等への住所変更

  普段ほとんど使わないカードなども出来るだけ漏れのないようにチェックしましょう。

・郵便物以外の配送先変更

 通販などの住所変更もお忘れなく!

 

 

 

以上、引っ越し前後に必要な手続きについて、お伝えしました。

 

これらの事務的な手続き以外にも、転出する家の後片付けや引渡し、

 

転居先でのカーテン・エアコン設置や挨拶回り、 引越しに伴ってやらなければならないことは山盛りあります。

 

出来ることは出来るだけ早めに、直前直後に慌てることのないように、

 

このリストを参考に、しっかり準備をして臨んでくださいね!

 

なーんて言ってるわたしも、実は引越しまであと1ヶ月。。。

 

わたくしも、がんばりまーーーす!

 

 

 

一級建築士の丁寧な間取り相談は⇒ プレミアム動画間取り診断

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加