換気扇の油汚れを掃除する味方 それは…セスキ炭酸ソーダ

この記事は2分で読めます

108378

重曹水を使って掃除をしてみたんだけど 汚れが落ちない~
そんな強力な油汚れにお困りのあなたに朗報があります。
油汚れには重曹水も強いのですがセスキ炭酸ソーダ水はもっと油汚れが落ちやすいらしいです。

 

 

セスキ炭酸ソーダとは

重曹と炭酸ソーダを半々に混ぜて結晶化したものです

IMG_セスキ-150x150[1]

 

油汚れは酸性 重曹、セスキはアルカリ性の性質をもつ

重曹は弱アルカリ性、セスキ炭酸ソーダは強アルカリ性の性質をもち酸性の油汚れを中和しておとします。

 

重曹とセスキの違い

重曹は水に溶けにくくスプレーが詰まったりなどしやすいようですが

セスキは水に溶けやすい性質なので溶け残る心配がありません。

セスキは重曹と違い掃除の後に白いカスのようなものが残りません。

 

では、セスキ炭酸ソーダを使って掃除をはじめましょう

<セスキ炭酸ソーダ水の作り方>

セスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を水500mlにとかします
スプレー容器に詰め替えます。

 

セスキ炭酸ソーダ水を使った掃除方法

①我が家はプロペラタイプの換気扇なのでプロペラ部分をはずします。
②油の部分にセスキ炭酸ソーダ水を塗布して油を浮かせます。 (15分くらい放置)
③水洗いして布きれでふき取ります。   汚れが落ちてないところはやり直しをします。

 

どうですか汚れは落ちましたか?
それでも汚れが落ちなかった場合はつけ置き洗いをしてみましょう

 

 

セスキでつけ置き洗い

 シンクに大きめのゴミ袋をセットして、セスキ炭酸ソーダを大さじ4杯とぬるま湯(40℃以上)を適量入れて よく混ぜます。

そこに換気扇フィルターをつけて1時間ほどおくと、油汚れが浮き上がってきます。

水、またはぬるま湯で洗い流しながら、ブラシでこすっていくと汚れがみるみる落ちていきます。

 

セスキを使用する時に注意したいこと

アルカリ度が高いので手荒れしやすいですからゴム手袋等をして作業するとよいでしょう

アルミ製品に使うと黒ずみますので注意が必要です。

表面に加工されているものも傷めて剥がれてしまうこともあるので気を付けましょう

 

 

換気扇の掃除についていろいろな方法を紹介しましたが なにか気に入った方法が見つかったでしょうか? 私はセスキ炭酸ソーダ水がお気に入りなんですよ。 すっきりきれいな台所だと料理も楽しくなりますね。

 

関連事項

 

重曹を使って換気扇を掃除してみよう

換気扇の汚れを簡単に掃除する方法

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加